産後のお祝い事あれこれです!!


産後のお祝い事あれこれです!!


産後のお祝い事としましては、まず、赤ちゃ


んの生後七日目に「お七夜」を行うのです。


お七夜は、「名付け祝い」ともいわれていて、


赤ちゃんの名前を家族や親しい人達に披露す


るという慣わしもあるのです。


できれば、この日までに赤ちゃんの名前を決
<<INS1>>

めて、「命名書」書いておきたいですね。


最近では、半紙に書くというのが主流のよう


なのですが、正式な命名書というのは奉書紙


に書式に則って書き、三方にのせます。


神棚があるなら、命名書とお酒、お赤飯を備


えましょう。 ただし、赤ちゃんの名前は、


出生届の提出期限(生まれてから14日以内)


までに決めればいいので、無理にお七夜まで


に決めることはないのです。


次に、女の子なら三十二日目に、男の子なら


生まれてから三十一日目に、「お宮参り」が
<<INS1>>

あります。 これは、出生のご報告を「生ま


れた土地の神様」にするというものですが、


信仰している宗教によっては、神社ではなく、


教会だったりお寺だったりすることもあるよ


うです。 生後百日目、もしくは、百二十日


目には、「お食い初め」を行うのです。


別名、、「煮初め」、「百日膳」「箸揃え」


ともいわれるお祝い事で、 赤ちゃんが一生


の間食べ物に困らないように願う儀式です。


具体的なやり方はその地域によっても違うの


で、現代風に変化させて行うことも多いと思
<<INS1>>

います。 産後のお祝い事というのは、地域


差というものがあります。特に夫側の実家の


慣わしを事前に聞いておくといいかもしれな


いです。 また、伝統的なやり方に固執しな


くても、無理のない範囲内で行うことも大事


ですね。 いずれにしても、赤ちゃん、そし


て、お母さんの体調を最優先にして行うこと


がよいかと思います



ダイエットの主役はいただき!これからのダイエットはこれに限る!!楽天にゆきましょう。