産後ダイエットの産前産後の体型の違いにビックリ!!


産後ダイエットの産前産後の体型の違いにビックリです!


女性が妊娠と出産を経験すれば、大なり小な


り体型というものは変化していくものです。


これは人間の身体の構造上の問題ですので、


そう簡単に回避出来るとは思えません。


仮に産前の体型に戻っても、産前とは全く違


った別な形に戻るというのが現実なのです。


従って体型の変化とは、ある程度は覚悟して
<<INS1>>

受け入れざるおえないのです。


それでも産後ダイエットを施こしていけば、


体型の変化は充分に修正ができますので、決


して失望する必要はないのです。


とは言っても、このような体型変化が我が身


に降りかかるとなれば、心配になるというの


は無理もないと思います。


それでは、現実にはどんな体型変化が起こっ


てくるのか、これより検証して行きましょう。


先ず変化の第一番目は下腹部の周りで、妊娠


も後期になれば異様に大きく膨れる為に、下


腹部の皮膚は膨らませた風船の様に伸び切っ


た状態になります。


これが出産直前ともなれば西瓜を抱えた様な


外見となるので、出産が予定日を過ぎると日


に日に妊娠線が現われて、皮膚の内部がビリ


ビリと避け始めるのです。


要するに妊娠で極限迄伸び切った皮膚が、出


産後には縮まない以上は伸びたままですので、


後はたるむしかない状態となるのです。


これは出産後約1ヶ月後に元の大きさに戻る子
<<INS1>>

宮等とは異なって、元通りになるには簡単で


はありません。 従って体操等で引き締めな


い限りは、このたるみを取り除くのは大変難


しいです。 次に変化の第二ですが、妊娠を


体験すれば、背中と二の腕に脂肪が付着して


いる女性が多くおられます。


中でも二の腕に関しては、元々脂肪が付かな


かった人でも、妊娠を契機に付くケースが多


く見られます。 従って出産後は二の腕が、


タプタプと脂肪が揺れる状態に変化するケー


スがとても多いのです。


特に二の腕と背中は、自分で脂肪が付いた事


には、気付くのが困難な場所なのです。


よくある例が授乳期間に、服を購入する時の


試着室の鏡で、久し振りに自分の後姿を見た


時に、下着からはみ出しているブヨブヨした


脂肪に、ショックを受けるというケースなの


です。 従って産後ダイエットを始める際に


は、必ず脂肪の付着した場所を確認しておい


て下さい。 実際には運動で落とし易い部位


ですので、殆ど心配はないのです。
<<INS1>>

更には第三として大腿部(太もも)ですが、


これは妊娠中に皮下脂肪が付着してしまい、


パンパンに膨らんでいるケースが多々見受け


られます。 これと同時に妊娠線が出来る場


合もあるのです。 これは前述しましたが、


脂肪が付着し易い部位に出来るミミズ腫れの


様な線です。 即ち今迄は胎児の成長に伴っ


て伸びてきた皮膚が、もうこれ以上は伸びな


い場合に仕方なく避ける、これが妊娠線なの


です。


ダイエットの主役はいただき!これからのダイエットはこれに限る!!楽天にゆきましょう。